地下足袋の良さ残しつつ、煩わしさを無くした「たびりら」は、素足に近い快適な履物です。

たびりら

たびりら#01海  たびりら#01DENIM    たびりら#0
 
たびりら#01DENIM

  

朝の散歩

  

たびりら#01海

たびりら#01海

通勤でも

たびりら#01DENIM  

たびりら#05アイボリー

たびりら#05アイボリー    

たびりら

たびりら#01#02  








足袋型で 足にやさしく リラックス

たびりら -tabiRela-




たびりらは、歩きやすくて足の健康によい、
足袋型コンフォートシューズです。

足の指で地面をつかむような感覚で、気持ちよく歩けます。
それはまるで、はだしのような心地よさ。

履いて歩くだけで足の指が伸び、
足の裏もあるべき姿へ戻るなど、足の健康に役立ちます。
足の痛みや外反母趾で悩んでいる方にも、足に優しいと好評です。

手軽でオシャレなので、毎日のウォーキングや休日のお出かけはもちろん、
オフィスへの通勤用や職場での室内履きにもぴったり。
さらに、旅先のセカンドシューズなどにも、幅広く使えます。

たびりらで、あなたの足元を、もっと快適に。




たびりら商品一覧




はだしのような履き心地


地面の感覚が足の裏からよく伝わる
はだしみたいできもちいい。



足袋ならではの指の分かれたフォルムは足の指に力を入れやすく、
地面をつかむような感覚で、バランスよくしっかり歩けます。はだしのような心地よさも魅力。

歩くたびに足の指が伸びるので、
指を使った歩き方になりやすく、足の健康にも役立ちます。




オフィスでも使えるデザイン



オフィスでも使えるデザイン。



足先が分かれているので、足の指がのびのび。
パンプスのような締め付け感がないので、足が痛くならず、
外反母趾の予防、悪化防止に効果的です。

毎日履いての通勤するだけで、足ゆびのエクササイズに。




軽くて持ち運びラクラク



持ち運びラクラク。



軽いので、カバンにくくり付けてもよし。
かかとを折り畳めるので、両足を重ねてコンパクトにしまうもよし。
スリッポンタイプなので脱ぎ履きもラクです。

お仕事帰りにサッと履き替えて、習い事に行ったり、
旅行の時のセカンドシューズにもぴったり。




汚れたら丸洗い可能



気軽に丸洗い。メンテのしやすさも、きもちよさのひとつ。



※ご注意ください| 濃色の生地を使用している製品では、汗や水に濡れた場合に色落ちや靴下などへの色移りが生じる事があります。他のものと一緒の洗濯はお避けください。
洗濯される場合は、水かぬるま湯で手洗いし、風通しの良い日陰でよく乾燥させてください。
丸洗いできるのは綿生地を使った製品に限ります。一部綿生地を使用していない商品もございます。




FACTORY



factory

製造は、岡山県倉敷市茶屋町にある、株式会社 丸五の自社工場
1919年の創業以降変わらない『のこぎり屋根』のファクトリーで、熟練の職人たちが一つひとつ丁寧に手作業で作り上げています。


factory

商品デザインから足型の設計、生地の裁断・縫製・成形などの製造工程を、一貫して倉敷の自社工場で行っています。




たびりらの製作者たち
 

たびりら開発者の想い

・たびりらのコンセプトを思いついた切っ掛け・・・
-「地下足袋の良さを知って頂きたい」「沢山の人に履いて頂きたい」と言う思いはありましたが、コハゼが面倒な地下足袋は普段履きに受け入れられるのは難しいと感じていました。
そんな時出会ったのがヨーロッパ発祥の”エスパドリーユ”です。
男女問わず履け、カラーも豊富。気軽に履けるスリッポンタイプの地下足袋の開発を考えていきました。

・たびりらはこんな人に履いてほしい・・・
-サッと履けるぺたんこ靴なので、安定感抜群です。子育て中のお母さんや、一日中動き回っている店舗のスタッフさんなど、気が付いたら足がクタクタ!と言う方に是非履いて頂きたいです。




ラクもおしゃれも手放せない!
自然体で素敵な、たびりらコーディネート



楽ちんなだけじゃなく、女性らしさや上品さも欲しい。もちろんトレンド感も!
いつも素敵な、たびりらユーザーさんたちのたびりらコーディネートをご紹介。

たびりらコーディネータの皆さま
 まるで海辺ウォーキング
 my favorite スポーツコーデ。

 リラックス系コーデに
 意外な相性のムーンカラー。

 インディゴは忙しい女性の見方。
 個性&機能のカジュアルコーデ。
動きやすさ重視で選んだスウェット&タンクトップも、スタイルよくキマる長身さん。
お気に入りの「たびりら海」を合わせれば、ウォーキングタイムが爽やかにもっと楽しく。
リラックス系のワイドパンツが縦のラインを強調し、ハンサムな存在に。
上品素材の明るいトップスと相性の良い「たびりら月」で、周りに元気を注入。


シンプルながら個性をプラスした、ビビッドカラーのワンピースが活躍。
コーデを綺麗にまとめ上げる「インディゴ」のたびりらと、パンツを合わせて動き回る準備はバッチリ。



スタッフの、たびりらサイズ感をご紹介!






リーガル レースアップパンプス 24.0p      アディダス zero 24.5p


つま先が広く甲が高い足です。足のサイズとしては24.0pですが、コンバースなど細身の靴は24.5pでも
親指の付け根や小指等が痛くなるので、靴選びには苦労します。『たびりら』は締め付け感が無く開放的なので、
最近はたびりらで過ごすことが多くなりました。新品でも靴ずれしないので、歩くのが楽しくなりました!




薄手の靴下を履いて24.0pを着用しています。おろしたては”ぴったり”と言う感じでしたが、
しばらく履くと布地が緩み、適度にゆとりのある履き心地になりました。

『たびりらにちょうどいい靴下#01』はパイル部分が厚手なので、私の足だと新品のたびりらに合せると窮屈です。
なじんだ頃の『たびりら』になら合せられますが、この靴下をはじめから使うなら24.5pの方が良いかもしれません。








ニューバランス 247 スニーカー 23.5p、 UGG dakota 24.0p(US7)、 ダイアナ パンプス 23.5p


外反母趾があるので、幅が広そうな靴を選んだり、長い距離を歩く時にはスニーカーを選ぶなどして、
足に負担がかからないよう気を付けています。外反母趾だと骨の出っ張ったところが痛くなりやすいのですが、
『たびりら』は生地が柔らかいからか、足が痛くならずとても楽に履けたので、オフィスではたびりらを愛用しています。




素足だと23.5pでも履けますが、つま先がぴったりすぎて気になるので、24.0pの『たびりら』に厚手の『たびりらにちょうどいい靴下#01』を合わせて履いています。

ふだんの厚みの靴下では少しゆとりがありますが、靴が柔らかく踵が付いてくるので、脱げることはありませんでした。




SALE


オンラインショップ限定カラー

tabiRela

tabirela sox

ようこそ ゲスト 様

LINE

株式会社丸五公式facebook

アンテナショップたびのくらfacebook

株式会社丸五