地下足袋の良さ残しつつ、煩わしさを無くした「たびりら」は、素足に近い快適な履物です。

3,870円以上送料無料。14:30までのご注文で最短当日出荷。

たびりら




素足のような履き心地 たびりら


たびりらは、歩きやすくて足の健康によい、
足袋型コンフォートシューズです。

足の指で地面をつかむような感覚で、気持ちよく歩けます。
それはまるで、はだしのような心地よさ。

履いて歩くだけで足の指が伸び、
足の裏もあるべき姿へ戻るなど、足の健康に役立ちます。
足の痛みや外反母趾で悩んでいる方にも、足に優しいと好評です。

手軽でオシャレなので、毎日のウォーキングや休日のお出かけはもちろん、
オフィスへの通勤用や職場での室内履きにもぴったり。
さらに、旅先のセカンドシューズなどにも、幅広く使えます。

たびりらで、あなたの足元を、もっと快適に。




並べ替え

34件あります
  • 1
  • 2
34件あります
  • 1
  • 2





地面の感覚が足の裏からよく伝わる
はだしみたいできもちいい。





たびりらは、足袋のかたちで足の指に力を入れやすく、地面をつかむような感覚。
バランスよくしっかり歩けます。

はだしのような心地よさも魅力。

歩くたびに足の指が伸び、
普段なかなか使えない足指を使って歩けるので、足の健康にも役立ちます。





普段使いだけじゃない、オフィスでも使えるデザイン。


足先が分かれているので、つま先ゆったり。

パンプスのような締め付け感が少ないので足が痛くならず、
外反母趾の予防や悪化防止に効果的です。





持ち運びラクラク。


軽いので、カバンにくくり付けてもよし。
かかとを折り畳めるので、両足を重ねてコンパクトにしまうもよし。
スリッポンタイプなので脱ぎ履きもラクです。

お仕事帰りにサッと履き替えて、習い事に行ったり、
旅行の時のセカンドシューズとしてもお使いいただけます。





気軽に丸洗い。


メンテのしやすさも、きもちよさのひとつ。

お手入れの仕方は こちらをご確認下さい




商品一覧へ




足袋シューズが足にやさしい理由

足袋シューズは足にやさしい?


足袋シューズは足にやさしいと言われますが、理由は靴底が柔らかく足の動きを邪魔しない事と、足を無理に変形させない足袋特有の形状にあるかもしれません。

<一般的なシューズ>


つま先が細いデザインのものは、足が締め付けられて、無理な形になってしまう事があります。
自分の足に形やサイズが合っていない靴を履くと、外反母趾の原因になるとも言われています。


<足袋シューズ>


親指が分かれているので、指が開き自然な位置に。
足袋シューズはつま先が広いデザインが多いので、締め付けの少ない、ゆったりした履き心地。
ゆびが使えるので地面をつかむように歩けるのもポイントです。






  足なりに動く、足袋型+柔らかい底

柔らかい履き心地 たびりら


たびりらは足趾を自由に動かせ、足の動きを妨げません。
足袋型ならではの足ゆびで地面を掴む感覚は、まるで裸足の様な心地よさ。
足の痛みや外反母趾で悩んでいる方にも、足に優しいと好評です。


  メイドイン倉敷



たびりらはMADEIN KURASHIKI


瀬戸内の爽やかな多島美をイメージした商品たちは、生地の製造・染色・靴成形の全てを倉敷で行っています。





  老舗帆布メーカー『タケヤリ』製



タケヤリ綿布製 たびりら


素材は老舗帆布メーカー「株式会社タケヤリ」製、綿100%の国産生地を使用。
通常の綿生地にはない「たびりら」独自の特殊な織り方を採用し、美しい柄とさらっと心地よい肌あたりを
実現しています。加えて、染め作業はデニムの聖地倉敷・児島で手掛けています。
履きこむほどに、豊かな風合いが醸し出されます。





  創立大正8年、100年続く地下足袋メーカー



創立100周年を迎えた株式会社丸五


「たびりら」は岡山県倉敷市茶屋町にある、丸五本社の自社工場で生産。
メイドイン倉敷だからこそ作れる、「新しいスタイルの地下足袋」を熟練の職人たちが一つひとつ丁寧な手仕事で作り上げています。





  たびりらのサイズ感 スタッフレビュー



たびりらサイズ スタッフレビュー1


よく履く靴

リーガル レースアップパンプス 24.0㎝   アディダスzero 24.5㎝

つま先が広く甲が高い足です。素足でのサイズは23.5~24.0ですが、コンバースなど細身の靴は24.5㎝を選んでも親指の付け根や小指等が痛くなる事があります。『たびりら』は締め付け感がなく足の甲をやんわり押さえてくれるので、ストレスなく履けました。新品でも靴ずれしないので、歩くのが楽しくなりました!

たびりらは、薄手の靴下を履いて24.0㎝を着用しています。おろしたては“ぴったり”という感じでしたが、 しばらく履くと布地がゆるみ、適度にゆとりのある履き心地になりました。

たびりらサイズ スタッフレビュー2/

よく履く靴

ニューバランス247スニーカー 23.5cm、UGG dakota 24.0cm (US7)、ダイアナ パンプス23.5cm

外反母趾があるので、幅が広そうな靴を選んだり、長い距離を歩く時にはスニーカーを選ぶなどして、足に負担がかからないよう気を付けています。外反母趾だと骨の出っ張ったところが痛くなりやすいのですが、『たびりら』は生地が柔らかいからいか、足が痛くならずとても楽に履けます。

素足だと23.5でも履けますが、つま先がぴったりすぎて気になるので、24.0㎝の『たびりら』に厚手の靴下を合わせて履いていています。
普通の厚みの靴下では少しゆとりがありますが、靴がやわらかく踵が付いてくるので、脱げることはありませんでした。


商品一覧へ