NINTABI 丸五オンラインショップ -MARUGO ONLINE-


はだし感覚の子ども靴『NINTABI』発売開始!!



はだしのような靴を
こどもの足の成長にとって、はだしで歩くことは非常に重要です。
はだしで歩くことによって、五感が刺激されたり、土踏まずの形成にも効果があります。
ただ、ケガや衛生面の問題、寒さなどいつでも”はだし”というわけにもいかないのが現状です。
そこで丸五は、はだし感覚の子ども靴「NINTABI」を開発しました。
足指が自由に動くつま先と、はだし感覚で大地をつかむ、やわらかいラバーソールで、足を守りながら、子どもの足の成長を促します。



■なぜつま先が割れているの?

足指を自由に動かせることで、自然に地面をギュッと掴むことができるようになります。
これにより土踏まずの形成が促され、踵、土踏まず、指先の足裏全体を使った歩き方が自然に身についていきます。


■やわらかソール


NINTABIのソールは、足の動きに合わせて柔軟に曲がり、はだしに近い感覚が生まれます。
前後左右の足の動きに柔軟に対応できるので、足の裏の筋肉が自然に鍛えられます。

■足を育てる靴?

現代の子ども達は、「浮指」、「偏平足」など、足のトラブルが目立ってきています。
それらの改善には、足の裏に刺激を与えてやることが重要です。
足の裏には「メカノレセプター」というセンサーが備わっており、脳や筋肉に情報を伝える役割を持っています。
このセンサーが発達することで、地面の情報を敏感に察知し、バランスの良い転びにくい身体作りも期待できます。





親指を独立させることで、自然と拇指球で地面をけることが出来ます。
また、しなやかなラバーソールで走りやすく、マジックベルトと丈夫なヒールカウンターで足にしっかりフィットします。
きっと今度の運動会が楽しみになりますよ。

忍者走りでかけっこ1番?

■NINTABIで忍者走り?

地面をしっかり掴み、蹴ることで、足の回転(ピッチ)が上がり、小走りになることで「忍者走り」に!
保育園で5歳児31人を対象に25メートル走で試験したところ、自分の靴を履いて走った場合に比べてタイムが速くなりました!


■忍者のような素早い動き!

足と一体化するNINTABIは、「走る」、「止まる」、「飛ぶ」どんな動きも自由自在です。
5mの距離を1往復半する敏捷性の試験でも、自分の靴を履いて走った場合に比べてタイムが速くなる結果となりました。







NINTABI Fつの機能

ゲンナイ製薬様×Dのコラボ商品、fumfumはこちら!
fumfum
※ゲンナイ製薬様のサイトが開きます